AK用ラバーストックパッドがAK74MNにつけられるか試してみました

以前からプレートキャリアやチェストリグをつけている時にAK74MNを構えると滑ってしまうことがあるので、ストックパッドを購入してみました。

身に着けている布との相性もあると思うのですが、AK系はストックパッドが金属製なので錆止めにオイルを塗っていると滑りやすいんですよね……。

 

で、今回購入するに当たって色々調べてみたところ、AK47やAKMにストックパッドを装着している写真は多いのですが、ワイヤーストック以外のAK74系につけているものは見つからなかったんですよ……。

というわけで、恐らく装着できると半ば確信しつつお試しで購入してみることにしました。

 

 

パッケージ

今回もいつも通り、パッケージから見ていきます。

今回買ったのはELEMENT製ですが、他にも数社から出ているようですね。

 

パッケージの中身がこちら。

付属の黒いベルトはAKS74のようなワイヤーストックを固定する為のベルトのようです。

最初は短いかなと思ったのですが、ストックが抜けないように締め込むとちょうどいい長さになるのではないかと思います。

 

装着例

それでは、実際に装着してみるとどのような感じになるか見ていきましょう。

まずはGHK (※LCT製ストック)から。

予想通り、大きな問題は無くはまりました。

 

逆側のロックがかかる金具部分も見てみましょう。

ちょうどロック部分が被っています。

実際に試してみましたが、ストックの折り畳みは不可能ですね。ロック部分云々の前に、パッドの厚みが邪魔をします。

 

続いてE&Lでも試してみます。

こちらも深くはまってくれるので、構えた際は問題無く機能します。

 

逆側のロック部分も見てみます。

こちらもロック部分に被っていますね。

こちらに関しても、折り畳んだ状態でロックすることは不可能です。

 

おまけでOTs-14 グローザでも試してみました。

……予想はしていたんですが、そもそもサイズが違いすぎて使うことはできませんね。

リコイルで暴れるのはGHKのAK74MNとグローザなので、他の滑り止め策を考えてみてもいいかもしれません。

 

ちなみに、ICS製のガリルも当然のことながらつきませんでした。

 

さて、装着するまでは良かったのですが、取れやすさに関しても試してみました。

バレルに水平・垂直軸の力に対しては全く取れる気配は無いのですが、形状としてどうしても回転させるような力がかかると簡単に外れてしまいます。

動画では布の上にLCT製のAK74MNから片手で外せるか試しています。

感覚としてはパンプスが脱げやすいのと似たような感じでしょうか。(私は履いたことはありませんが。)

 

まとめ

この後、チェストリグをつけて構えてみたところ、正面で構える時は多少構えやすくなるかな程度だったのですが、半身で構えた時に安定性が増すのではないかと思いました。

また、このストックパッドの効果がより強く出るのは、ワイヤーストックタイプのものではないかなとの印象も強くなりました。

ワイヤーストックだと、本当に身体への接地面積が小さくなりますからね……。

 

それから、それなりにリコイルがあるGBBや次世代電動ガンの場合には効果があるかもしれません。

元々、リコイルを軽減して安定させる為のパッドなので当然と言えば当然だとは思うのですが。

 

あとは普段M4系を使っている人がAKを使ってみる場合に装着すると、使いやすさが向上するかもしれませんね。

ストック長の調整はできませんが、構えた時の感覚は比較的M4系のストックに近くなるのではないかと思います。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA