GunsModifyがMWSのフルオートを安定させるパーツを計画している模様

GunsModifyが東京マルイMWSのフルオート射撃時にジャムが発生する問題を解消するパーツのリリースを計画しているようです。

 

情報元はこちら。

 

どうやら海外で一般的なトップガスを25℃の環境で使って10000発試射したところ、1度もジャムることが無かったとのこと。

この改修パーツの大量生産は1ヶ月程度先を見込んでいるようです。

詳細については追って知らせるとのことで続報を期待したいところです。

 

友人に借りてMWSを使ったことはありますが、BB弾をダブルフィードしたりボルトの裏側にBB弾が侵入して閉鎖不良が発生するなどの問題があるとのことでした。

今回GunsModifyが発表したパーツがこの問題を改善するものなのかは分かりませんが、10000発試射してジャムらないというのは信頼性がとても高くなるように感じます。

実際、M4の近代改修に絡んだ実銃の米軍トライアルでも250~500発に1発はジャムっていたりするわけで、このジャム率の低さは驚異的な気がします。

 

元々、GHKのVer.2019にDaniel DefenseのRIS2を搭載した正規ライセンス品を待っていたわけですが、発表から半年以上経っても音沙汰が無い状態です。

そのような経緯もあってMWSの購入を検討し始めたところにこのような話が出てきてしまい、心が揺れてしまっています……。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA