ICSのHERA ARMS CQRがヨーロッパ市場で予約が始まった模様

2019/4/9 更新

日本国内での二次ロット予約が開始しました。

出荷数が多くないとの話は聞いていたのですが、まさか2000丁限定とは思いませんでした……。

当初は限定生産だったようですが、再生産が決定したとのことです。


PCC9よりも少ない上に待ちになった方も多いと思うので、競争が激しくなりそうです。

2019/4/9 追記ここまで

 

発表されてから長らく情報が途絶えていたICSの電動ガン版HERA ARMS CQRですが、ヨーロッパ市場で予約が始まったようです。

情報ソースは次のとおり。

 

これまではICS単独での開発だと思っていたのですが、電動ガン版のCZ Scorpion EVO 3を開発したASGも関係しているようです。

メカボックスはICSの上下分割メカボックスを使用、トリガーシステムとしてICSのSSSを搭載しており、フルオートと3点バーストの切替も可能なMOSFET仕様となっているようです。

(余談ですが、ICSも電子トリガーを開発済みだったことは知りませんでした……。)

また、ICSのSSSは標準でプリコックされる仕様となっているようです。

 

この発表を見てドイツのショップを確認してみたのですが、約470ユーロ(≒日本円換算約60,000円)でした。

また、イギリスのショップでは約350ポンド(≒日本円換算約50,000円)となっています。

また、合わせて公式ライセンスのCQRフォアグリップも単品販売されるようで、こちらはイギリスのショップで約30ポンド(≒日本円換算約4300円)のようです。

これらの価格はあくまでもヨーロッパでの販売価格となる為、日本ではどの程度の価格になるか参考に留めるのがベストだと思いますが、日本でのScorpion EVO 3の実売が6万円前後だったことを考えるとそこまで大きな解離も無いかと思います。

 

私の友人を含め、期待していた方も多いかと思うので、日本での正式発表が楽しみな限りです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA