Kublai Airsoft製のGL-CORE CPタイプストックを入手してみました

最近目にするようになった、Kublai AirsoftというメーカーのGL-CORE CPタイプストックを入手してみました。

 

このKublai Airsoftというメーカー、素性が分からないということで色々調べた結果、分かったことは次のとおり。

  • 2018年10月26日設立
  • 中国・広州が拠点の模様
  • Kublaiはチンギス・ハンの孫、元王朝の初代皇帝のクビライ・ハンに由来

 

完全に新興のメーカーなので、どこかから金型を入手しているのか、あるいはOEMなのかもしれません。

というのも、設立から8ヶ月にしては本当に製品数が多いんですよ……。

 

というわけで、今回入手したストックを見ていきます。

 

 

パッケージ

入手したパッケージなんですが、がっつりとメーカーロゴや商品名がプリントされた段ボール箱に入っていました。

 

しかも、側面にまでメーカー名をプリントしている辺り、メーカーの知名度を上げる為にかなり気合を入れているように感じます。

 

パッケージの中身がこちら。

この写真に写っている他に、コマーシャルバッファーチューブ用アダプターとアーレンキーが入っていました。

 

そのストックチューブアダプターとアーレンキーがこちらになります。

Mil-Specバッファーチューブ用アダプターは標準でストックに組み込まれており、コマーシャルバッファーチューブ用のものとアーレンキーがストックとは別の袋に入っていました。

このアーレンキーはバットストックを固定するネジに適合するサイズで、チークパッドの調整には使えませんでした。

後述するチークパッドの調整や付け外しをする際は別途アーレンキーを用意する必要があります。

 

ストックの細部

それでは、ストックの細部を見ていきます。

まず質感としては安いプラスチックを使っていることは無さそうといったところでしょうか。

触り心地や爪を立てた時の感触はMADBULLのStrike Industries公認のViper MOD1と遜色無いように感じました。

 

ストック本体はチークパッドが取り付けられた状態で入っていました。

実物のGL-CORE CP同様、3段階の調整が可能でこの写真の状態が一番低い状態です。

なお、実物にはあるはずのバットの付け根上部のFab Defenseのロゴはありませんでした。

 

中間の高さにしたのがこちら。

 

一番高くした場合は、このようになります。

 

チークパッドの高さを調整をする際は、チークパッド中央に取り付けられたネジをアーレンキーで緩めてからチークパッド自体の角度を調整。その後にネジを締め直して固定するようになります。

 

ただ、このチークパッドは基本的にM4で使うことは無いと思います。

GBBRの場合は、もし使おうとしても最も短縮した状態ではチャージングハンドルと干渉する可能性があるかと思います。

一方で、AKなどを使う時にこのチークパッドを使うと視線が高くなるので、M4に近いフィーリングで使えるといった感じでしょうか。

 

このチークパッドは取り外しが可能で、チークパッド中央のネジを緩めた後に前方のネジ、後方のネジを緩めるとストック本体から外すことができるようになります。

M4で使う為に買ったのにチークパッドが合わないと言った悩みも解消してくれるので助かりますね。

ただ、この外し方がかなり力業で、ネジを全て緩めた後、片側の縁に手をかけてひねるように持ち上げるんですよ……。

 

逆にチークパッドを着ける時はネジを全て緩めた状態で前方から滑らせてはめ込んでからネジを締めるだけと、お手軽に取り付けできます。

 

で、チークパッドを外したストック本体がこちら。

バッファーチューブの収納スペース下側にチークパッドを固定する為のリブが6本入っています。

このリブで、チークパッドを取り付けた時に位置がズレないようになっています。(実物も同様に6本でした。)

 

それにしても、チークパッドが無いと印象がガラリと変わってきますね。

 

最後にバット部分はこのようになっています。

ここはゴム製で、デザインも実物とほとんど変わりませんね……。

流石にネジの位置や寸法などが異なる可能性はありますが、外して実物と交換するようなことも無いと思うので……。

 

構えた感じとしては、最近の流行を押さえた、胸部のラインに沿った非常に構えやすいバットですね。

感覚としては、MFTのミニマリストストックに近いでしょうか。

一方で、チークパッドの有無に関わらず、広めに設けられた頬付け部分のおかげでしっかり固定できる印象ですね。

 

まとめ

レプリカかつ新興メーカーということで、素材や出来がどの程度のものなのか全く予想がつかない状態で買ったのですが、価格も考慮すると出来が良かったので驚いています……。

明確にレプリカだと分かるポイントもFab Defenseのロゴが入っていないことくらいですしね……。

 

今後、やってみるとしたらFab DefenseのGL-CORE S (CQB用にサイズを調整されたもの)にこのチークパッドが付くかでしょうか。

実物でもセットで販売されているようなのでつけられるのではないかと思うのですが、これは寸法誤差があってもおかしくないので……。

元々、CQB用は実物を買う予定だったので、余裕が出来次第試してみたいと思います。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA