LCTがZenitのレプリカカスタムパーツリリースを予告

COMING SOON – LCT AIRSOFT

 

LCTが次期リリースモデルのパーツと思しき画像を公開しました。

今回のリリースされた画像に写っているのは、Zenit製のAKカスタムパーツになります。

具体的には次のとおり。

  • PT-1 ストック
  • PT-3 ストック
  • B-33 ダストカバー
  • B-10 ロワハンドガード
  • B-19 アッパーハンドガード
  • B-30 ロワハンドガード
  • B-31 アッパーハンドガード
  • B-13 レシーバー用レイルプラットフォーム
  • RK-0 フォアグリップ
  • RK-1 フォアグリップ
  • RK-3 ピストルグリップ
  • RK-6 フォアグリップ
  • DTK-1 マズルブレーキ
  • DTK-2 マズルブレーキ
  • DTK-3 マズルブレーキ
  • DTK-4 サプレッサー
  • DTK PUTNIK サプレッサー
  • B-18 リアサイトレイル
  • B-9 フラッシュライト用マウントレイル
  • A-1 スリングマウント

 

細かいパーツなど、一部確認しきれなかったものもありますが、かなりの種類のZENIT製パーツのレプリカが掲載されています。

これらのパーツを使ってコンプリートモデルを発売するのか、それともパーツとして個別に発売するのかはまだはっきりとはしていませんが、期待していいのではないかと思います。

 

余談ですが、LCTの発売済みの製品を確認してみたところ、ZENITカスタムモデルは一つも無かったんですね……。

E&Lからは出ていたので、LCTからも出ているものだと思い込んでいました。

 

また、もしPT-1やPT-3を組んだコンプリートモデルが出た場合は、標準搭載では初のものとなります。

日本国内でPT-1レプリカが初めて流通し始めた頃は高嶺の花だったのですが、LCTから発売された場合には一気に手が届きやすくなるかもしれません。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA