ARESのM-Lokパーツを4種類入手してみました

ARESがセールをしていたので、M-Lokパーツを4種類購入してみました。

今回はフォアグリップ2種類、バイポッド1種類、オフセットマウント1種類となります。

購入したのはこちら。

  • M-Lok 45 degree Angle Grip
  • M-Lok Hand Grip
  • M-Lok Swivel Bipod Modular Accessories
  • M-Lok Accessory Type E

 

詳細は別途個別ページで紹介してみようかと思います。

 

 

M-Lok 45 degree Angle Grip

まずはM-Lok 45 degree Angle Grip。

このグリップの特徴は本体の薄さと、名前の通り、45度のグリップ形状でしょうか。

この形状のおかげでハンドストップのように使ったり、手前に引き寄せるように掴んだり、しっかりとグリップしたりと色々な使い方ができます。

しっかりとグリップするのだけは角度の関係で好みが分かれる気がしますが、使い勝手がいいのではないかと思います。

 

ARES 45 degree Angle Gripのレビュー

 

 

M-Lok Hand Grip

続いて、M-Lok Hand Grip。

見た目は普通のバーティカルグリップですが、前方に張り出したM-Lok結合パーツが特徴でしょうか。

意外とこの張り出した部分の影響で手に馴染むんですよね……。

また、スティップリング部分のエッジは立ち過ぎていないながらも滑り止め性能が高いです。

ARES M-Lok Hand Gripのレビュー

 

 

M-Lok Swivel Bipod Modular Accessories

次はM-Lokで固定するセパレート式のバイポッドです。

使用できるハンドガードは左右斜め下方向にM-Lokの穴が設けられているハンドガードに限定されますが、基部がシンプルなので比較的軽量です。

取り外しは若干面倒ですが、簡易的に使う分には問題無いのではないかと思います。

 

※詳細は別途作成中

 

 

M-Lok Accessory Type E

最後はM-Lok固定のオフセットマウントライザーです。

このオフセットマウントライザー、意外と汎用性があるのではないかと思います。

スコープを載せた際のバックアップとしてマイクロリフレックスサイトを斜め方向に載せたりライトを載せたりと、単純にできることが増えます。

発想次第で色々なことができるパーツなので、色々試してみたいアクセサリーです。

 

※詳細は別途作成中

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA