アメリカでG&GのKnight’sライセンスライフルがリリースされた模様

G&Gが以前から公開していたKnight’s Armamentのライセンスを受けて生産するSR30がアメリカで発売されたようです。

 

情報元はこちら。

 

MOSFETと電子トリガーを搭載した7インチライフルとのことで、CQBはもちろんアウトドアフィールドでも十分使える仕様のようです。

また、ロータリー仕様のホップアップチャンバーが採用されているようなので、ゲーム中のホップのズレも気にしなくて済みそうです。

 

個人的な印象ではありますが、PCC9のマガジンをM4タイプに変えて汎用性を上げたものに近くなるのではないかと思っています。

 

気になるポイントとしては、バッテリーコネクタにディーンズコネクタを採用していることでしょうか。

タミヤコネクタ用のアダプターも同梱されるということなのですが、電動ガンに求められる許容電流には心許ない仕様なんですよね。

(タミヤミニコネクタの場合は定格10A、タミヤラージコネクタの場合は定格15A、ミニディーンズコネクタの場合は、定格30A、ディーンズコネクタの場合は定格50A)

 

このSR30も11.1VのLiPoバッテリーを使うということなので、恐らくタミヤ系のコネクタでは力不足と判断されたのでしょう……。

日本で発売される時には7.4VのLiPo仕様に変わっている可能性もありますが、だとしてもタミヤ系のコネクタはあまりおすすめできない状態です。

(余談ですが、日本仕様に合わせたどノーマルな電動ガンに使う場合、11.1VのLiPoも必要無いんじゃないかと思っていたりします。)

 

現在は東京マルイの電動ガンがデファクト・スタンダードとなっているためタミヤ系のコネクタを採用しているケースが多いのが実情ですが、今後は海外の電動ガンの市場規模が大きくなると独自仕様のものが増えてくると見ていいかと思います。

バッテリーの互換性が損なわれるのはユーザー側にデメリットが大きいですし、一度、IWAのような場でメーカー同士が協議してほしいと思う次第です。

 

2019/11/3 追記

遂に日本でも発売が告知されましたね。

11/15発売ということで、実は私も予約してきました……。

アメリカでの発売から半年というのは長すぎですよ……。

 

何にしても、イロモノ以外の電動M4系は持っていなかったので、本当に楽しみで仕方がありません。

2019/11/3 追記 ここまで

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA