延期されていたIWA 2020は9月に開催される模様

2020年3月に開催から詳細未定で延期されていたIWA 2020ですが、正式に開催時期が決定したようです。

公式リリースによると、2020年9月3日から9月6日の日程で開催されるとのことです。

また、これに合わせて2021年のIWAの開催時期も変更となることが発表されました。

現在の予定では、2021年も9月初旬が会期となるとのこと。

 

さすがに2021年から3月に戻すと半年間隔になってしまいますからね……。

出展側やメディアとしてもそのほうが楽なのでしょう、恐らく。

 

何にしても、無事に会場が確保されて実施されることが発表されたことは嬉しく思います。

公式リリースはこちら。

 

 

2020/2/28 更新分はここから下になります。

 

2020年3月6日から9日にかけてドイツのニュルンベルクメッセで開催を予定していたIWA 2020ですが、コロナウィルスの流行をうけて開催を延期すると発表されました。

公式リリースはこちら。

 

今回の延期を受けて日程の再調整はしているとのことですが、まだ詳細は未定とのこと。今後の会場選定なども最善を尽くすとのことです。

 

しばらく前からいくつかの中国系メーカーがIWA出展を見合わせるといった情報は聞いていたので、ヨーロッパ系のメーカー中心の展示になるのかと思っていたのですが、まさか完全に延期になるとは思っていませんでした……。

この時期に合わせて発表準備を進めていたメーカーから情報が出てくるかもしれないので、注視したほうがいいかもしれません。

 

余談なのですが、ちょうどこの時期に横浜で予定されていたカメラの展示会であるCP+ 2020もキャンセルされています。

このCP+がキャンセルされた理由が『機材を自由に手に取って操作感を確かめることが最大の特徴であるコンシューマー向けショーですが、結果として不特定多数の方が実際に手に取ることで感染リスクを上げてしまう』とのことだったので、IWA 2020も似たような理由でキャンセルとなったのではないかと思います。

CP+のリリースはこちら。

 

個人的にはスコープ選定の情報収集としてIWAの開催を楽しみにしていたのですが、残念な結果になってしまいました……。

 

2020/3/2 改題・追記

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA