KSCがSTRACの詳細を公表

以前紹介した、KWAのRONINの日本版をKSCが正式に発表しました。

KSCが新コンセプトの電動ガンを発売すると発表

 

 

情報元はこちら。

 

既にショップ経由で情報は出回っていますが、コンパクトなピストルカービンARといった趣きですね。

個人的にはこれのARストック・M-LOKハンドガード版のKWA Ronin TK.45 AEG 3も合わせて出てくれればよかったのですが、今後のバリエーション展開に期待といったところでしょうか。

(個人的にはこのモデルだけでSTRAC TEGのラインが終わるとは思えません。)

 

また、TEGに関してもKWAのVariable Performance System (VPS) そのままと見ていいかと思います。

 

個人的に最大のメリットはミニSサイズのバッテリーを標準でストック内に収められるように設計しているではないかと思います。

既存の9mm ARではバッテリースペースを拡張するアフターパーツが出されている中、最初から割と大きめのバッテリースペースが設けられているのはありがたいことです。

(もちろん、バッテリーの個体差などで入らないこともあるかとは思いますが。)

 

また、以前の記事にも書きましたが、KWAからの輸入ではマガジンなどの供給に不安がありましたが、KSCが国内で販売するのであればある程度は安心できそうです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA