LCTからAK向けのトレーサーユニットがリリースされる模様

LCT TRACER UNIT – LCT AIRSOFT

 

LCTがサイレンサー型のトレーサーユニットの近日リリースを告知しました。

今回告知されたトレーサーユニットは緑系の蓄光BB弾に加えて赤系の蓄光BB弾にも対応しているとのこと。

また、最大で秒間30発までのサイクルに対応しているとのことで、光の減衰や発光不良は起きないとのことです。

 

トレーサーユニットの充電方式はmicroUSBで、その横には充電中のインジケーターが設けられているようです。

バッテリーはリチウムイオンバッテリーとのことなので、定期的に充電をしてあげたほうがいいかもしれません。

弾の通過するルートには高輝度LEDが複数設置されているようなので、輝度も問題無いのではないかと思います。

 

基板の配置は私が持っているACETECH製LIGHTER Sとは異なっているのでオリジナル設計なのかもしれません。

 

また、外装も複数種類リリースされるようで、以下の4種類5パターン(これで正しいか若干自信が無い部分があります)となるようです。

  • PK-258T (PBS-1 Tracer Unit) :14mm
  • PK-259 (PBS-4 Tracer Unit) :14mm・24mm
  • ZDTK-4T:14mm
  • ZDTK-4PT:24mm
  • ZDTK-T:24mm

 

また、合わせてLCT製の蓄光BB弾もリリースされるとのこと。

こちらに関しては日本国内で流通するかは不明なので参考程度に考えておくといいかもしれません。

 

今までのトレーサーというと、M4系やハンドガン向けのものばかりでAK向けの製品は皆無だったと思うのですが、AKにも納得して使えるトレーサーがリリースされるというのは嬉しい情報ですね。

個人的にはPBS-4が気になっています……。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA