NPO AEGがVKSの3Dモデルを公開 ⇒ プロトタイプも公開

ロシアのエアソフトガンメーカーNPO AEGが新作の設計を開始したようです。

情報ソースはこちらになります。

 

View this post on Instagram

 

Виртуальная винтовка обрастает “мясом” #npoaegvks

NPO AEGさん(@npoaeg)がシェアした投稿 –

まだ3Dモデルのみですが、形状から察するにVKSでしょうか。

 

2018/12/27 追記

 

View this post on Instagram

 

Предсерийник ВКС #npoaegvks

NPO AEGさん(@npoaeg)がシェアした投稿 –

まさかのプロトタイプ作成が既に完了していた模様です。

やはりVKSで間違い無いようです。

ここまで早く、形になったものを見ることになると思いませんでした……。

2018/12/27 追記は以上。

 

実銃のVKSは2005年頃から限定的に生産されていたAsh-12.7を狙撃銃仕様に改修したモデルになります。

PUBGなどでもおなじみのVSSと同様の設計思想で、近接戦闘での使用にも耐える消音狙撃銃となります。

使用弾薬は12.7x54mmという、ドラグノフの弾薬を大口径・大型化した亜音速弾を使うようです。

 

それにしてもVSSの9x39mm弾でもクレイジーな設計ですが、この12.7x54mm弾にまでなってくるとロシアは何と戦うつもりなのか……。

 

エアソフトガンとして考えると、サプレッサーはほとんど飾りのようなものなので、取り外してもいいと思うのですが、ブルパップなので取り回しが良さそうですね。

実物ではアッパーの他にもハンドガードの左右に20mmレイルが搭載されている為、拡張性も十分確保されたものになるのではないでしょうか。

 

このようなやり過ぎ感のある設計がロシアの魅力でもあるので、無事に開発が完了して発売されることに期待しています。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA