NPO AEGがSR-2Mの量産を開始した模様

NPO AEGがSR-2Mの製造を開始したとのリリースを発表しました。

 

詳細については次の公式リリースをご覧ください。

 

今回のリリースでは全長や本体重量、使用するバッテリーなどが告知されています。

全長はストック短縮時は380mm、ストック伸長時が625mm。重量は2kgとのこと。

使用バッテリーは102mm х 12mm х 19mmのTコネクタ搭載のLoPoバッテリーとのこと。

コネクタの付け替えが必要ですが、BATONの7.4v 900mAhショートスティックやET1のバッテリー7.4v 800mAhのイエローラインが該当するようです。

 

メカボックスに関しては電動コンパクトマシンガンのものをカスタマイズして搭載しているようで、東京マルイのものをポン付けできるかは怪しいように感じます。

チャンバーはAKタイプを使用しており、インナーバレル長は190mmとのことなので、こちらは色々と流用が効きそうですね。

 

マガジンキャパシティは90発、初速に関しては70m/s。

弾数は十分として、初速が低いのは電動コンパクトマシンガンベースなので仕方が無いのですが、ゲームユースで考えるならもう少し初速が欲しいというのが正直なところでしょうか。

 

なお、別売りとなるようですが、サイレンサーやハンドガード用ピカティニーレイルも発売されるようです。

 

少々イロモノではあるものの、個人的にはこういったものを東京マルイにも出してほしいところなんですよね……。

オリジナルデザインの派手なカラーリングのモデルにはあまり食指が動かないもので……。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA