PTS製UNITY FAST MICRO MOUNTのレビュー

友人が先日発売されたばかりのPTS製のUNITY FAST MICRO MOUNTを購入したとのことで、情報を提供してくれたので紹介していきます。

今回はMICRO MOUNTですが、いつも情報を提供してくれている別の友人が同PTS製UNITY FAST MICRO RISERの情報も提供してくれているので、そちらも別途紹介を予定しています。

 

以前からUNITYのパーツは人気があったと思うのですが、PTSから公式レプリカがリリースされたことで入手性が上がるのは嬉しい限りですね。

 

 

パッケージ

今回もパッケージから見ていきます。

箱は無地ですが、その上にシールが貼ってあるタイプですね。

紙のマニュアル類は入っていないのですが、側面のQRコードを読み取るとマニュアルを見ることができます。

一度QRコードでアクセスしてしまえば、URLをブックマークするかダウンロードしてしまえば探す手間が省けて楽かなと思います。

 

内容物は次の通り。

  • PTS UNITY FAST MICRO MOUNT x1
  • 六角レンチ x1

 

恐らく内蔵フロントアイアンサイト調整用の六角レンチなので、レイルへの固定用の六角レンチを別途用意したほうがいいですね。

 

 

外観

ここからは外観を見ていきます。

まずは右側面。

右サイドはマウント内側に内蔵されたバックアップサイトの調整用ネジが設けられています。

表面は比較的マットな質感で落ち着いた雰囲気ではないかと思います。

実物との大きな違いは、レイルに固定するネジがトルクス規格からミリ規格に変更されていることでしょうか。

 

続いて左側面。

こちらの面は無刻印。

たまに公式レプリカと分かるように余計な刻印を入れられることがありますが、この製品の左側面には外観から分かってしまうような余計な刻印はありませんね。

 

続いて前面。

前面には内蔵バックアップサイトの調整方向がホワイトプリントで記載されています。写真だけではっきりとは分からないのですが、プリントされている位置が若干高いような気がしますね。

内蔵バックアップフロントサイトは左に回すと上がるようです。

 

続いて背面。

この面も無刻印。

バックアップサイトの覗き穴の周りの段差などはしっかり再現されているのではないかと思います。

 

上面はこのようになっています。

後ほどサンプルとして載せますが、SOTACのT-2レプリカは問題無く載せられたとのこと。

恐らく他のメーカーのT-1系ドットサイトでも問題無く載せられるのではないでしょうか。

 

もっとも実物と違う下面も見ていきます。

下面にはPTSのロゴと、“FOR AIRSOFT ONLY”がホワイトプリントされています。

この位置なら目立つことはないので気軽に手を出せるのではないかと思います。

 

外観の最後に内蔵アイアンサイトを見ておきます。

フロント・リアともに割と太めな構造をしています。

また、軸線長が短すぎるので、このサイトで正確に狙うのは難しいというのが正直な感想です。

マウント自体に高さがあるので、フォールディング式のバックアップサイトが使えないので、代替策として組み込まれたというところでしょう。

 

 

取り付けサンプル

ここからは取り付けサンプルを見ていきます。

今回取り付けたのは前述のSOTAC製のT-2レプリカになります。

 

まず右側から。

T-2とマウントで色味は若干異なりますが、そこまで違和感を覚えるほどでもないですね。

 

続いて左側から。

色の違いはこちらのほうが感じるかもしれませんね。

 

続いて、実際にM4に載せてみたサンプルも紹介します。

この写真で見ると、FAST MICRO MOUNTがかなり高いマウントだと分かるのではないかと思います。

この高さなら多少厚めのフェイスガードをつけていても狙いやすいので、利便性は高いのではないかと思います。

 

右側からはこのような感じ。

これだけ背が高いマウントだと野暮ったくなりそうなものなのですが、肉抜きや溝の彫り方のおかげでそのようなイメージは払拭されていると感じました。

 

余談ですが、GeisseleのMk16を電動M4に組み込む為に安価な電動リューターを購入したもののパワー負けしてしまって結局手作業になったとのこと。

工具類はそれなりのものを買っておいたほうが金銭的にも時間的にも楽ということですかね……。

 

まとめ

今回紹介したPTS製のUNITY FAST MICRO MOUNTですが、中途半端なレプリカを買うよりもこちらを選んだほうが満足度が高いのではないかと思います。

ホワイトプリントの位置やネジの規格が異なっているなど、気になる点が無いとは言えないですが、使いやすさを優先した結果と考えると納得できます。

また、マウントの高さがあるので、フェイスガードを装着したままで狙いやすいのは大きなメリットですね。

マウントの高さから、アイアンサイトが使えないことを差し引いても導入する価値はあると思っていいでしょう。

 

UNITYのパーツに関しては私の友人の間でも非常に人気があり、実物を手に入れる人もいるくらいだったのですが、今回PTS製がリリースされたことで外観・入手性ともに各段に良くなっていると言っていいかと思います。

実物の約1/3の価格で手に入ること、PTSなのでそれなりに安定した供給が望めるなど、入手するハードルは低いのではないでしょうか。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA