SIタイプ スコープマウント レプリカを購入してみました

今までスコープマウントは定番と化しているGeisseleのレプリカを使っていたのですが、他の方と被っていても面白味が無いなと思い始めたので新しいマウントを購入してみました。

今回はその一環として、Strike IndustriesのAdjustable Scope Mountのレプリカを紹介していきます。

 

今回はレプリカを紹介するのですが、近いうちにStrike Industriesだけに限らず、実物のマウントにも手を出してしまうのではないかと思っています。

 

 

パッケージ

今回もパッケージから見ていきます。

パッケージは無地のボール紙だったので、詳細は割愛します。

 

蓋を開けたのがこちら。

緩衝材に包まれただけと非常に簡素ですね。

 

続いて、内容物を見ていきます。

  • SI Adjustable Scope Mount レプリカ 本体 x 1
  • 1インチ径スコープ用スペーサー x 2セット
  • マウントリング用トルクスレンチ x 1
  • ポジション固定ネジ用六角レンチ x 1

必要なものは全て入っているので、購入してすぐにスコープを載せられるのは嬉しいですね。

 

外観

ここからは外観を見ていきます。

まずは上面から。

上面から見た造形は悪くなさそうに思います。

 

続いて右側面。

形状は実物を割としっかりと再現されていますね。

ただし、問題は刻印です。

写真だと分かりづらいかもしれませんが、リア側のマウントリング下の刻印が斜めになっていました。

 

それから、フロント側のマウントリング下のメーカーロゴの刻印。

ピントがズレてしまっていて申し訳無いのですが、明らかにセンタリングがズレていることは分かるかと思います。

これはレプリカな上に、くぼんだところに入った刻印なので仕方がないと思って諦めるしかありませんね……。

 

続けて右側の写真で、ポジションを表す刻印を見ていきます。

このポジションの刻印は実際の運用上は正確なものになっています。

それぞれSがStandard、EがExtended、IEがIntermediate Extended、HYPERがHyper Extendedとなっています。

 

今回はそれぞれのポジションでどのように見えるかも紹介していきます。

まずはStandardがこちら。

 

続いて、Extended。

後端を見ると、ベースの位置がズレているのが分かるかと思います。

 

続いて、Intermediate Extended。

 

そして最後に、Hyper Extended。

ここまでくるとちょっと延長しすぎな気がしないでもありません。

 

ちなみにHyper Extendedを側面から見たのがこちら。

個人的な感想ですが、ここまで延長するとマウントリングの固定位置から接眼レンズまでの距離が極端に長いスコープでしか使うことが無いかと思います。

仮にそのようなスコープがあったとしても、サバイバルゲーム用途では使わない倍率になりそうですね。

 

続いて左側面。

こちらもフロント側のマウントリングについているメーカーロゴの刻印のセンタリングができておらず、少しずれていました……。

また、実物とは明らかに形状が異なるポイントとして、ピカティニーレイルに固定するためのネジを受ける部分の形状が異なります。

実物は下が短くなる台形の角を丸めたような形状をしているのですが、これは楕円形になっています。

ここは刻印以外にも実物と見分ける分かりやすいポイントではないかと思います。

 

最後に底面。

底面はこのような形でポジションを固定するようになっています。

エアソフトで考えた場合は、アリ溝式でネジ固定と強度的には全く問題無いように思います。

補足事項としては、割とこのスライド機構の噛み合わせが渋めなので、使い始める前にやすりで均しておいたほうがいいかもしれません。

私の個体での話ですが、何度かポジションを変えて固定してを繰り返していたら、ピンポンチで叩かないと動かなくなってしまいました……。

 

サイズ比較

最後に、このスコープマウントのサイズを他のものと比較しておいます。

今回比較対象にするのはGeisseleレプリカとなります。

サイズ感としては、Standardでほぼ同じといった感じですね。

また、全体の作りがゴツめなので重量感がある印象を受けます。

このあたりがSIらしさだと思うので、完全に好みによる部分ではないかと思います。

 

 

まとめ

今回はSIのAdjustable Scope Mountのレプリカを見てみました。

個人的には色々と粗が目立つので残念に感じる部分が多かったのですが、機構の面白さなどもあり、楽しめたと思っています。

もし使うとなった時は、何よりも先にやっておきたいのは調整です。

前述のとおり、ポジション調整のためのスライド部分が非常に渋く、強引に叩かないと動かなくなってしまっています。

また、スコープをマウントしたところ、どうやら精度が悪いようで、部分によってはスコープとマウントリングの間に微妙に隙間が空いていました。

もし本格的に使いたい場合はラッピングは必須ではないかと思います。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA