BOLT製SR-47のハンドガードを交換しました

当初、IRON Airsoft製のNSRタイプ M-LOK 9インチを組み込む予定だったBOLT製のSR-47のハンドガードを外しました。

 

IRON Airsoft製NSRタイプ M-LOK 9インチを買ってみました

 

いくら自力でやっても外れなかったBOLTの純正ハンドガードですが、今回はSR-47を購入したX-Bone Airsoftさんで外していただきました。

X-Bone Airsoftさんの所在地は私の行動圏内の為、直接お伺いして対応してもらいました。

なお、店舗ではなく工房なので、直接伺う場合は事前にアポイントをとる必要があります。

 

今回は色々とお世話になってしまったこともあり、パッチとシールを買ってきました。

最近パッチが急に増えたので、どこに貼るか悩みどころです。

 

 

さて、デルタリングを外したSR-47がこちら。

一般的なアウターバレルと異なり、付け根に羽根があります。

 

次にデルタリングがこちら。

東京マルイの電動ガンと同じ方法で外そうとした結果、ボロボロになっています。

写真だと分かりにくいですが、デルタリングにはアウターバレルの羽根と噛み合う突起が組まれています。

 

……これだと東京マルイに準じた方法ではまず外せませんね。

 

なお、私のSR-47はなんとか外すことができたとのことなのですが、個体によってはバレルナットやデルタリングが固着していることもあるそうで、その場合はバレルナットを破壊する必要があるそうです。

私の場合は運が良かったのかもしれません……。

 

次はハンドガードを取り付けます。

ハンドガードの他に低強度のネジロックとバレルナット用のシムを用意します。

始めにバレルナットとシムを使ってネジ位置を調整し、位置が決まったらネジロックを塗布してハンドガードを取り付けます。

 

今回は写真を撮り忘れてしまったので完成形だけとなります……。

 

元がかなり大振りだった為、アウターバレルを短縮してハンドガードを変えただけで一気に印象が変わりました。

ちなみにアウターバレルも2ピースなのですが、こちらも物凄く硬かったので、外そうとする場合も覚悟が必要です。

 

バレルを短縮する前の写真が無かったのでAmazonからの引用ですが、ほぼ別モノですね。

 

フロントが近代化したにも関わらず、ストックがオールドスクールな見た目なので、ここはなんとかしたいところです。

BOLTのリコイルユニットはストックパイプ内にある為、ストック内にバッテリーを収納する必要があります。

なので、PTSのEPSやAPSのRS-2あたりを買ってもいいのかなと思うところ。

MFTのBUSタイプストックも持ってはいるのですが、これに入るバッテリーとかあるんですかね?

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA