E&LからKrebsベースのAK103K-Sが発売される模様

長いこと動きが見えなかったE&Lですが、久々に新作を発売するようです。

 

情報元はこちら。

今回はKrebsベースのAK103K-Sとなるようです。

特徴としては、アッパーハンドガードがKrebsタイプのレイル付きのガスチューブに変更されていること、バレルが5.5cm弱短くなっていることでしょうか。

グリップに関しても細部は違いますが、MagpulのMOE AKタイプが採用されています。

 

フルサイズのAKは取り回しに苦労することも多い為、この5cmは数字以上に大きかったりします。

フォルムはフルサイズのAKが一番好きなんですけどね……。

 

見た目はスタンダードなAKに近いながら、取り回しが向上しており比較的拡張性も高くまとまっているので、かなりいいんじゃないかなと思う仕上がりになっています。

あとはAK12系統への対応や以前アンケートをとっていたSVDがどうなるのかなどもありますが、情報を追いかけていきたいと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA