MOA2019でE&Lのドラグノフが展示されていた模様

2019年12月13日から15日の間に開催されていたMOA 2019のE&Lブースにてドラグノフの展示が行われていたようです。

 

情報元はこちら。

 

このドラグノフに関しては、昨年の12月にE&Lがアンケートを行っていたものの、その後の情報更新が無かったのでお蔵入りしたのかと思っていました。

 

アンケート結果に関してはこちらから確認できます。

終了:E&Lがドラグノフに関するアンケートを実施中

 

今回のE&Lブースで展示されていたとのことなので、とりあえずは完全にお蔵入りしていないことが判明したので安心できました。

なお、このアンケート結果から考えると、このSVDは電動ガンではないかと推測しています。

 

さて、電動のSVDは現在流通しているものだとCYMAやKing Armsなど複数社からありますが、今はほとんど流通していないReal Swordのもののほうが良かったといった方にはある意味朗報ではないかと思います。

真偽は別として、Real SwordにしてもE&Lにしても実物を作っている会社のエアソフト部門という噂がありますし。

 

個人的にもどうせ買うならE&Lのものがいいなと思っています。ただ、光学機器が基本的に左にオフセットされるので私には使いづらいんですよね……。

 

併せて展示されている95式に関しては恐らく中国軍のペイントボール仕様トレーニングガンでしょうね……。

こちらに関してもエアソフト版をリリースしてくれたら面白いんですが、E&Lはあまり乗り気ではなかったと記憶しています。

 

直近ですと、AK12のリリースは告知済みなので、その後の展開に期待したいところです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA