SLONGからもM4電動ガンが発売される模様

SLONG M4 Reciever – SLONG AIRSOFT

 

SLONGからもM4のレシーバーを使用した電動ガンが発売されるようです。

SLONGといえば、奇抜なデザインやカラーリングの外装パーツを発売していますが、今回は割と普通なレシーバーとメカボックスのみの画像となっています。

画像から分かることはボルトリリースレバーの横にオリジナルのレーザー刻印が施されていることと貫通式のストックであること、それからストレートトリガーであることくらいでしょうか。

シリンダーには加速ポートが開けられているものもあるのですが、ポートの向きが揃えられていないだけな気もします。

 

個人的にはこのGLOCK用のストライクフェイスのような何かくらい突き抜けたデザインにしてくれたら面白いような気もします。

SLONGから龍の頭を模したGLOCK用ストライクフェイスのようなものが出る模様

 

なんというか、普通のM4は大量に市場に出回っているので、何か突出したものがあったほうがいいと思うんですよね……。

 

同社初の電動ガンということで品質がどの程度のものになるのかは未知数ですが、どのような形で市場に出回るのか今から楽しみなところです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA