Kublai Airsoft製のMI G3 Mシリーズ風ハンドガードを装着してみました

先日記事にした、Kublai Airsoft製のMI G3 Mシリーズ風ハンドガードを早速S&TのフルメタルM4 GBBに装着してみました。

ハンドガード自体の詳細はこちらの記事をご覧ください。

Kublai Airsoft製のMI G3Mシリーズ風ハンドガードを入手してみました

 

今回、ハンドガードの交換に合わせて、アウターバレルの交換とガスブロック・ガスチューブの追加も行いました。

変更したアウターバレルとガスブロック・ガスチューブはこちら。

アウターバレルは正ネジなので、秋葉原のフォートレスで逆ネジ対応にしてもらっています。

また、ガスチューブに関しては切断砥石でぶった切ってバレル長に合わせて加工したりと色々やっています。

ガスブロックに関しても割ピン用穴のサイズや位置が合わなかったので、ドリルで穴を調整しました……。

 

前置きはこのくらいにして、実際に取り付けていきましょう。

 

 

バレルナットの取り付け

今回入手したハンドガードのバレルナットはミリネジだったので、そのまま使用可能でした。

ホップ調整窓の位置に関しては半分ほど隠れる位置でした。

もうちょっと短ければよかったのですが、しっかり調整できた場合には窓の位置で切ってしまってもいいかもしれません。

シムはガスブロックの位置を調整する為に付属のものを1枚追加したのですが、調整次第では不要になるかもしれません。

後ほど詳細は記載しますが、ハンドガードとレシーバーのギャップが大きくなってしまうんですよ……。

 

ハンドガードの取り付け

ハンドガードの取り付けはハンドガード下部のネジ2本だけなのでかなり簡単着脱ができますね。

ネジの規格はM4六角ネジだったので、準備も簡単かと思います。

ハンドガードの回転止めはバレルナットに突起を引っ掛ける形になるので、WA系のバレルを使うのであれば位置調整も楽かと思います。

 

装着したフロント側のイメージはこのような感じ。

 

 

ハンドガードとレシーバーのギャップ

ここからはハンドガードとレシーバーのギャップについて。

まずはこの写真をご覧いただきたい……。

このギャップは実測で2.24mm。1mm程度だったら我慢できたんですが、ちょっとここまであると考えてしまいます。

なお、このギャップの理由はアウターバレル基部のフランジの厚みが原因でしょう……。

フランジの厚み自体は3mmあるので、1.5mmくらい削ればなんとかなりそうな気もします。(アウターバレルの強度が落ちますが。)

 

恐らく電動規格であれば問題の出ない部分なのですが、WA系の持病みたいなものらしいので仕方ないでしょう。

ハンドガードの問題ではないので、ここは間違えないようにしたほうがいいような気もします。

 

まとめ

まずはハンドガードを取り付けたS&T M4 GBBの全体がこちら。

コンパクトなARピストルに仕上がりました。

全長も600mm程度とかなり取り回しがいいですね。

あとはバーティカルグリップか何かをつければ構えやすくなりそうです。

個人的にはコンパクトな上にハンドガードが細身な分、構えが小さくなってしまって手首が窮屈なんですよね……。

ただし、本来のコンセプト通りの出来になったので満足しています。

何よりKeymodがどうしても好きになれない私にとってはM-LOKになっただけでも満足度が高いです。

 

これで次の春に実戦投入するのが楽しみになってきました。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA