LCTがZenitレプリカパーツの2019年9月末時点の進捗状況を報告

LCT Zenitカスタム – LCT AIRSOFT

LCTが8月に発表したZenitのレプリカカスタムパーツの9月末時点の進捗状況が報告されました。

 

8月発表時の情報はこちらから。

LCTがZenitのレプリカカスタムパーツリリースを予告

 

パーツの詳細に関しては、8月発表時の情報を見ていただきたいと思いますが、その時に私が見落としたチャージングハンドルが今回は掲載されています。

Zenitの型番としては、RP-1 チャージングハンドルですね。

 

実はグリップやスリングマウントなどのパーツ単位の報告はあったのですが、ある程度組み込んだ形で公開されたのは今回が初めてになります。

完成品はストックやグリップなどと同様にブラックやTANなどのカラーリングになると思うのですが、アルミ削り出しそのままの状態も妙な魅力がありますね。

 

個人的にはパーツ単体の発売も期待しつつ、コンプリートモデルも合わせて発売してほしいと願っています。

実物準拠だった場合、例えば、B-33 ダストカバーを使おうとした場合、B-10MなどのZenit製ロアハンドガードと合わせて使う必要があったりするんですよね……。

その辺りを踏まえるとコンプリートモデルが出てくれたほうが安心感が高いかと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA