PTSのEPS Enhanced Polymer Stockを買いました

BOLTのSR-47のハンドガードを交換した際にPTSのEPSが欲しいと書いたので、実際に買ってみました。

当初の目的通り、ストック内にバッテリーを収納可能、かつ少しでもモダナイズされたシルエットということでEPSを選択しました。

 

BOLT製SR-47のハンドガードを交換しました

 

 

パッケージ

まずはパッケージから。

シンプルな段ボールの外装に、中身はEPS本体だけとシンプルな梱包になっています。

 

なお、段ボールの底面には使用マニュアルが印刷されていたのですが、特に見なくても他のストックを使ったことがあるのなら見なくても問題無いかと思います。

外観

それでは、早速EPS本体を見ていきます。

クレーンストックのような形状の上半分に、流線型を多用した下半分と、どことなく近未来を感じる造形です。

下半分が膨らんでいるのはミニSバッテリーを収納できるようにする為なので仕方無いのですが、ちょっとゴツく見えてしまうかも。

 

続いて、スライドのロックレバー。

クレーンストック並みに幅が広いことを利用してロックレバーも幅広に作られています。

滑り止めもついており、操作しやすくなっています。

ストックパイプに挿し込む際はレバーの前方を持ち上げるのですが、後方に比べて長さが圧倒的に短いので少し苦労しました。

3回ほど付け外しを繰り返したら慣れたのですが、付け外しはあまり考えないほうがいいかもしれません。

 

次はQDホールとスリングホール部分、それからバットストックのロック部分を見ていきます。

QDホールは手元にあったスリングスイベルを試しにつけてみたところ、しっかりとはまって脱落することも無かったので問題は無さそうです。

スリングホールに関しては、MAGPUL MS3スリングの幅と一致しています。

 

バットストックはロック部分を両サイドから押し込むと外すことができます。

バッテリースペースへのアクセスもバットストックを外す必要があるので重要な部分でもあるのですが、しっかりと固定されている割に簡単に外すことができました。

両サイドからロック部分を押し込んで引き抜くだけです。

画像には写っていませんが、バットストック上部には固定用の突起があるので、そこを視点にして外すといいかと思います。

逆にはめる時は突起を引っかけてから押し込むだけなので簡単です。

 

バットストックを外してアクセスするバッテリースペースがこちら。

横幅はミニSバッテリーが入るサイズで、手元にあるもので試した限りではGIGA TECの7.4V 2050mAhのものは入りました。

他にはNEOXの7.4V 950mAhの小型バッテリーもバッテリースペースに使えそうです。

ただし、こちらは遊びが多くなるのでガタつき防止にスペーサーを使うか、ストックパイプと並行に収納するほうが良さそうです。

一方で、ET1の7.4V 1400mAhは長すぎたので、ストックパイプと並行に収納するしかありませんでした。

AKバッテリーに関しては、長すぎるので使えません。

 

ミニSバッテリーを入れたのがこちらの画像。

かなり雑に入れているのですが、この状態でバットストックを閉めることもできたので、スペースとしては十分ですね。

 

実際に電動ガンに組み込んでみたのがこちら。

マガジンが挿さっていない分、下膨れて見えますがマガジンを合わせればバランスが取れるように感じました。

 

 

クレーンストックとの比較

元々SR-47につけていたクレーンストックと交換したので、ついでに比較もしていきたいと思います。

まずは長さ。

画像では位置が揃っていないように見えますが、これはクレーンストックのバットストックがパイプに対して垂直に立っているのに対して、EPSは緩やかに前方に向けて曲線を描いているからです。

全長はクレーンストックが実測で188mmなのに対して、EPSが200mm。

付け替えると若干長くなりますが、実際の使い勝手はそこまで変わらないかと思います。

 

次は後方から。右がEPSになります。

クレーンストックが上から下まで幅が変わらないのに対して、EPSは徐々に補足なっていく形をとっています。

銃口を下げた時に小回りが利くので、個人的にはEPSの形が好きだったりします。

チークパッド部分の幅は、クレーンストックが実測で60.7mmに対して、EPSが63mm。

頬付けした感覚ではEPSのほうが広く使えるので安定して構えられそうです。

骨格の差があるかと思うので、頬付けの感覚に関しては参考程度にしてもらえればと思います。

 

まとめ

購入以前から見込んでいた通り、クレーンストックベースの電動ガン用途に特化したストックがEPSだと思います。

各種バッテリーに対応できるバッテリースペースが設けられている為、手持ちのバッテリーを使いまわせるというのが最大の利点ではないでしょうか。

 

使い勝手に関してはスライドのロックレバーやバットストックの形状が変更されているなど取り回しがしやすい工夫がされている為、クレーンストックよりも確実に向上します。

また、骨格の差があるので参考程度にと書きましたが、EPSのチークパッド部分は恐らくアジア人の骨格に合わせて作られているのではないかと思います。

アジア人は頬骨が高い分、幅広のチークパッドと相性が良くなるのではないかというのが私の考えです。

 

実銃ではミニマルなストックが流行していることもあって、後方配線のまま使いたい方におすすめできる希少なストックです。

実銃での使用例にこだわらないのであれば、これを選んでおけば間違い無いと思います。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA