Vector OpticsからFFP仕様のContinentalシリーズがリリースされる模様

Vector Opticsから、FFP仕様になったContinentalシリーズがリリースされるようです。

 

情報元はこちら。

 

今回発表されたContinental FFPシリーズは6月のリリースを予定しているとのこと。

ラインナップの位置付けとしては、プレミアムラインとなるようです。

特徴はチューブ径が34mmとなっているので、ショートスコープでも対物レンズが28mmと大きめになっていることでしょうか。

以前にも紹介したTaurusはチューブ径が24mmなので差別化されているとみていいかと思います。

Vector Opticsからドイツ製レンズを使ったショートスコープが発売される模様

 

レンズに関してはドイツ製のものを使っているとのことです。

また、対物レンズ径が大きくなっているので、レンズが明るくなっていることは確かかと思います。(Vector Opticsからも透過率は90%以上と公表されています。)

 

個人的なネックはチューブ径でしょうか……。

34mm径となると選べるマウントがどうしても限られてしまうんですよね。

そういった意味では、なかなか選択し辛いモデルではあるのですが、レンズの明るさといった面では気になることも確かです。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA