Vector Optics製スローレバーを買いました

Vector OpticsのRiflescope用スローレバー(Item No :SCOT-57FF)を購入しました。

今回は完全に私のミスで実際に使えるかどうか試せていないので、こんなものがあるのかくらいの認識で読んでいただければ……。

 

というわけで、内容物はこちら。

  • スローレバー本体
  • 滑り止めのテープ
  • 六角レンチ

なお、滑り止めのテープは3M製のようです。

 

 

スローレバーの内径はメーカー公称44mm、対応する倍率調整リングの外径は42mmから58mmとなっています。

それからレバーの幅は実測6.99mm。メーカー公称が7mmなのでほぼ一致しています。

 

突起などで真っ直ぐに測れなかったのですが、レバーの突出量は実測で31.37mmとなります。

リング本体に対して曲線を描いてレバーが立っている為、親指や人差し指一本でも力が逃げずに倍率を変えることができそうです。

 

なお、スコープへの固定は六角レンチを使っておこないます。

 

というわけで、何故実際に使えるのか試せていないのかというのがこちら。

同Vector Optics製のForesterにつけようと思っていたのですが、Foresterの倍率調整リングの外径は41mmでした……。

しっかり計ってから買わないとダメですね、こういうのは。

 

なお、東京マルイのプロスコープ 3-9倍やSightronのTR-X 3-9x40 MDにもつけられませんでした……。

 

近いうちにゴムシートを買ってきてしっかり噛み合うか試してみます……。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA