5KU製のAK用M4ストックアダプターレビュー

5KUから販売されているAK用M4ストックアダプターをレビューしたいと思います。

このストックアダプターを使うことでサイドフォールタイプのストックをM4ストックパイプに換装することができます。

 

2019/2/11 追記

5KUに確認したところ、汎用だと思っていた型番:5KU-214はLCT専用に設計されているとのことでした。

謝った情報となってしまい、申し訳ありません。

また、写真に汎用と書いている部分はLCTと読み替えてください。

 

なぜこんなニッチなものをレビューしようと思ったのかというと、AmazonでこのM4ストックアダプターの『E&L用』という記載を見つけてしまったからなんですよ。

まず、LCT用(型番:5KU-214)がこちら。

 

E&L用(型番:5KU-214-2)がこちら。

 

商品画像を見ただけでは何が違うのか分からないですね……。

E&L用は型番末尾に“-2”と追記されている為、たしかに別モノのようです。

 

というわけで、E&L用を買ってみました。

型番は5KU-214-2と記載されている上にE&L AKとメーカー名まで指定されていますね。

 

 

LCT用(5KU-214)とE&L用(5KU-214-2)の外観比較

LCT用は以前購入してLCTのVityazに取り付けているので、それを使って比較していきます。

まずは全体の比較。やはりこれだけ見てもわからないですね……。

分かることと言えば、ストックパイプの仕様は変わらないといったことくらいでしょうか。

写真には写っていませんが、ストック上部にシルクプリントで1から6のポジションナンバーが印刷されています。

また、ノーブランドのCTRタイプストックは身体に密着させてもポジションがズレることは無かったので、精度も問題無いかと思います。

ストックベース下部の穴にスリングスイベルを取り付けられることも共通しています。

 

それでは細部に移っていきます。

上下からそれぞれ見ていきましょう。

この角度から見て、ストックパイプ基部の形状に違いがあることが分かりました。
LCT用のものは直線的なデザイン、E&L用のものは曲線的なデザインになっています。
後からE&Lの純正ストックを確認したのですが、この曲線は純正のカーブを基準にして製造されているようです。

また、ストックのロックがかかる部分の形状が異なる為、無理に装着しようとするとストック伸長時にロックがかからない、あるいはロックを解除できないといった不具合に繋がるかもしれませんね。

 

LCT用(5KU-214)とE&L用(5KU-214-2)のストック基部比較

そもそも、ロック機構が働くか以前に取り付けができないと問題になります。

ですので、固定ピンが取り付けられるか確認していきます。

まずはLCT用のストック基部から。

実測値でピン受け長が22.31mm、ピンホールの広さが4.12mmとなっています。

 

次にE&L用のストック基部を見てみましょう。

実測値でピン受け長が25.55mm、ピンホールの広さが4.81mmとなっています。

 

これだけピン受けの長さに差があると、LCT用をE&Lに取り付けようと思うと折りたたみ時にガタつきが出てしまいますね。取り付けるならスペーサーを自作する必要がありそうです。

また、ピンホールが細い為、ルーターなどで削る作業をする必要があります。

一方でE&L用のストックアダプターをその他のメーカーに取り付けようと思うと、ピン受けを削って長さを調整し、本体のピン受けも拡張する必要があります。

太い固定ピンも用意しなくてはならなくなるので現実的ではありませんね……。

 

総評

LCT用とE&L用の固定ピン基部のスペックを一覧にしてみました。

ピン受け長 ピンホール(φ)
LCT用(5KU-214) 22.31mm 4.12mm
E&L用(5KU-214-2) 25.55mm 4.81mm

これだけストック基部の作りに差があるのであれば、素直に使用しているAKのメーカーに合わせて買うほうがいいですね。

自分で加工して取り付けるのもいいかもしれませんが、恐らく労力を考えたら差額も十分に元が取れるかと思います。

また、今回はLCTとE&Lを基準に比較しましたが、東京マルイやVFC、これらのコピーのCYMAを始めとしたメーカーのAKにも応用できるかと思います。

※汎用だと思っていましたが、LCT用とのことでした。他のメーカーのものは手元に無く対応の確認が取れない為、ご自身で判断していただければと思います。

購入を検討している方はお手持ちのAKのストック基部を確認してみてはいかがでしょうか。

 

2018/12/13 追記

以下の記事にてインストール手順を記載しています。

装着方法はこちらをご覧ください。

5KU製AK用M4ストックアダプター装着レビュー

おすすめ

2件のフィードバック

  1. Eihaya より:

    初めまして。
    質問なのですが、5KU-214の方ですが、vityazに無加工で付きましたでしょうか?
    もしストック込みの写真などもありましたら見せて頂いたりする事は可能でしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    • ライセ より:

      >Eiharaさん
      初めまして。ご質問いただきありがとうございます。

      Vityazに5KU-214は無加工で取り付けられました。
      また、個体差によってはガタが出るかもしれないので、その時はステンレステープなどで微調整したほうがいいかもしれません。
      (私の個体は使う上で支障は無いのですが、ロック部分に約0.5mmほど余裕があります。)

      全体の写真はこちらをご覧いただければと思います。

      また、ご質問いただいてから5KUに確認などしたのですが、5KU-214はLCT用の設計になっているとのことでした。
      ご質問いただかなかったら改めて確認することは無かったと思うので、機会をいただけて大変助かりました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA