【ナンダコレ】G&G製ハンドガン GTP9の分解レビュー(ホップアップチャンバー編)

先日の外観レビューに引き続き、G&G製ハンドガン GTP9の分解をしていきたいと思います。

外観についてはこちらをご覧ください。

G&G製ハンドガン GTP9の外観レビュー

 

当初の予定では、ハンマーやトリガーも合わせて見ていこうと思っていたのですが、分解を進めていったところ、ホップアップチャンバー周りがあまりにも独特だったので個別に見ていくことにしました。

詳細は読み進めていただきたいと思うのですが、分解している間『ナンダコレ』としか言葉が出ない状態になってしまうくらい独自性にこだわった作りだったんですよ。本当にナンダコレ。

 

 

フィールドストリップ

本題に入る前に、まずはフィールドストリップの方法から見ていきます。

最初の手順としては、マズル先端のネジ保護キャップを外した状態でホールドオープンさせます。

ホールドオープンさせた状態で赤丸の箇所にあるテイクダウンレバーを引き下げてスライドストップを解除するとスライドが取り外せます。

 

ここまではほとんどのGBBハンドガンと変わりませんね。

 

スライドを取り外して、リコイルスプリングとアウターバレルを取り外したのがこちら。

インナーバレルを包む黒くて長いチャンバーがお分かりいただけるでしょうか……。

本当にこれが癖が強すぎたんですよ……。

 

チャンバーの分解

というわけで、チャンバーを見てみましょう。

インナーバレルを組み込んだチャンバーがこちら。

G&Gが売りにしているホップアップ調整ツールを使えるようにする為に、インナーバレルの先端まで包み込む形のチャンバーになっています。

分解方法は至って簡単で、この状態でホップアップ調整ツールを先端から挿し込んで反時計回りに回します。

 

先端を外したのがこちら。

……なんか出てきました。

 

拡大して見てみましょう。

ホップテンショナーとして金属の玉が載っています。

 

マジか。G&Gマジか。

たまたま分解した時は落ちずに済みましたが、もし逆さまで引き抜いたりしたらテンショナーが飛んでいました。

というか、撮影している時に倒してしまって飛ばしました。

 

なお、先端のホップ調整部分は二重ネジになっていて、先端パーツの中に更に隠しネジが入っています。(次の画像の真ん中にあるリングが隠しネジです。)

これも気付かずに落とす可能性があるので気を付けてください。

 

ここまで外すとチャンバーカバーを取り外すことができます。

チャンバーカバーの内側にはテンショナーを固定する溝も設けられています。

恐らくこの溝のテーパーがホップを調整する役目をしているのだと思います。

ただ、この形状なので互換テンショナーを作りにくいのではないかと思います……。

 

ホップアップパッキン

とりあえずホップアップパッキンを見ていきましょう。

ホップアップパッキンの内側は2点保持式になっています。

また、写真ではしっかり写っていませんが、チャンバーベースに干渉する部分が窪んでいます。

手元に東京マルイタイプのGBB用パッキンが無かったので見比べていないのですが、恐らく専用品かと思います。

 

2019/8/12 追記

KSCタイプのホップパッキンとの指摘をいただきました。

自分でも確認をしたところ、構造的にはKSCタイプかと思います。

ただし、実際に使えるかどうかは自己責任でお願いします。

2019/8/12 追記 ここまで

 

 

インナーバレル

続いてインナーバレルを見ていきます。

どこからどう見ても先端にネジが切ってある専用設計のインナーバレルですね……。

とりあえず、細部を見ていきます。

 

まずはチャンバー側から見ていきましょう。

東京マルイ互換のものに比べて切り欠きが短い独自規格になっています。

 

更に先端に切られたネジですよ……。

この先端のネジがチャンバーの先端パーツ内にあった隠しネジに留められて、ここを締めたり緩めたりすることでインナーバレルを前後させてホップ調整をする仕組みのようです。何考えてこの設計にしたんだ。

 

この設計のおかげで、一度分解するとホップ調整できるようにネジを調整するのが割と厳しいです。

隠しネジと先端パーツのネジが独立しているので、位置決めがかなり面倒なんですよ……。

 

まだホップ調整部分に関してはしっかり組み直せた自信が無いので、今後煮詰めてみる予定です。

 

まとめ

ホップアップチャンバーやインナーバレルなどが独自規格なので、ここを分解する必要は今のところ皆無と見ていいでしょう。

先端からホップ調整ができるというのは楽でいいんですが、その分、互換性が犠牲になっているのでカスタムベースには向きません。

良く考えると、G&Gは独自設計のものが多いので、ここに関しても当然このようになると考えておくのが自然だったかもしれません。

 

私から言えるのは、『下手にチャンバーを分解しようとするな』でしょうか。

もし分解する場合は本当に自己責任でやったほうがいいかと思います。

 

色々と期待していただけに驚かされる部分がとても多かったのが印象的ですね……。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA