LCTの次期リリースモデルはRPK-16かHK33になる模様

LCT RPK-16・HK33 – LCT AIRSOFT

 

LCTが次にリリースするモデルとして、RPK-16とHK33の写真を公開しました。

RPK-16に関しては初の電動ガン化、HK33はKSCが既に電動ガンをリリースしていますがこちらに関してはお世辞にもホップ周りの性能がいいとは言えないシロモノだと聞いています。

 

そのような2機種のリリースすることが決まったようなのですが、どちらが先にリリースされるかは未定とのこと。

どうやら、ユーザーの反響が強いほうを優先して発売する方向で進んでいるようです。(海外ユーザーはこの2機種以外にもHK21やG8も出してくれと割と好き勝手言っていますが。)

 

先日リリースされたLCT製のドラムマガジンは外観は異なるものの、RPK-16のドラムマガジンへの布石だったのかもしれません。

 

今のところ、AK-12に関して私はArcturusからのリリース待ちだったのですが、RPK-16に関してはこちらに食指が動いてしまうかもしれません。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA