LCTがRPKタイプのドラムマガジンをリリース予定

LCT製ドラムマガジン – LCT AIRSOFT

 

LCTからRPKタイプドラムマガジンの発売が決まったようです。

RPKタイプではありますが、一部非対応の機種を除いてLCT製のほとんどのAKにも対応しているとのこと。

対応外の機種は次のとおり。

  • AS Val
  • VSS
  • SR-3
  • SR-3M
  • PP-19-1
  • PP-19
  • PKP
  • RPD

 

装弾数に関しては、2000発とのことで、巻き上げ方式は電動式になるようです。

巻き上げに使用する電池はAA2バッテリーで、必要な本数は3本になるとのこと。たしか日本では単3電池のことだったかと思います。

素材は鉄とABSらしいのですが、詳細を確認してみたところ、外装のほとんどが鉄製で、給弾口やマガジンフォロワーがABSになるのではないかと思います。

 

RPKタイプのマガジンというと、A&KやCYMAからも発売されていますが、ディテールが甘く、リベットなどが全く再現されていませんでしたが、今回のLCT製のものはしっかりとリベットなどが再現されています。

細部にこだわる方にはかなりお奨めしやすいかと思います。

 

また、この情報に付随して、今週中は他にも情報が出てくるらしきことが記載されていました。

(もしかしたら先日のZenitレプリカパーツのことかもしれませんが、現在系の記述なので判断が難しいところです……。)

LCTがZenitのレプリカカスタムパーツリリースを予告

 

どちらにしてもZenitレプリカパーツに関しては情報が出てくるはずなので、続報が入り次第、お知らせします。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA