Poseidon Airsoft Punisher-1のハンドガードを交換してみました

先日、Poseidon Airsoft Punisher-1のハンドガードの交換ができるか教えてほしいという質問をいただいたので、確認してみました。

たしかにテイクダウンした時にハンドガードを外していませんでしたね……。

Poseidon Airsoft Punisher-1のテイクダウンをしてみました

 

というわけで、ハンドガードの交換をしてみたので、参考になれば。

また、Double EagleのHoney Badgerシリーズに関しても同様の構造ではないかと思います。

M4ストックアダプターが出るのを期待してたんですが、ブランド変わったりでどうなってるんですかねぇ……。

 

 

ハンドガードの分解

それでは、ハンドガードを取り外していきます。

まずは固定用のパーツの外し方について。

マズルを上に向けた状態でハンドガード基部にあるナットを左に回していきます。

今回は横着してラジオペンチで回したのですが、固定用のパーツのナット部分に加えて、バレルナットにもダメージが入るので、あまりお薦めできません。

 

バレルナットのダメージはこんな感じ。

ラジオペンチの先端が当たって削れていますね。

 

もし可能ならこのような先端が細いレンチがあると傷がつきにくいのではないかと思います。

 

取り外した固定用のパーツがこちら。

ハンドガードとバレルナットの間に入って、突っ張り棒の要領で固定しているようです。

 

ちなみにこのパーツ、裏と表があるので、組み込む際には注意が必要です。

突起部分の上下の幅が微妙に違うんですよ……。

このパーツを取り外してしまえば、ハンドガードは前方にスライドできるようになります。

 

傷の関係で既にお見せしていますが、バレルナットの形状は糸巻きのような面白い形状になっています。

 

これに加えて、ガスブロックも付属しています。

ガスブロックの取り外しは左右の小ネジを外してあげるだけ。

ハイダーも底部のイモネジを緩めれば取り外しができます。

 

バレルナットを取り外した基部がこちら。

 

続いて、アウターバレルも見てみましょう。

よく見る電動用アウターバレルと同規格ではないかと思います。

 

ハンドガードの交換

ここからはハンドガードを実際に交換してみます。

今回使用したのは、とりあえず買ってから色々な互換チェック用に使用され続けているIRON AIRSOFT製のNSRタイプハンドガード。

IRON Airsoft製NSRタイプ M-LOK 9インチを買ってみました

 

バレルナットが電動規格とインチ規格の両方に対応してるので取り付けを試しやすいんですよ……。

 

バレルナットを取り付けたのがこちら。

ぱっと見の印象なのですが、アウターバレルのフランジ部分が若干厚い気がするんですよね……。

その関係か、バレルナットは基部の一番奥までは到達しません。

 

この状態でハンドガードをつけてみると、ネジの位置がだいぶ前方に寄っているのが分かるかと思います。

 

この状態でハンドガードを取り付けると気持ち本体との間にスペースができてしまっていることが分かります。

また、純正ハンドガードの形に合わせてアッパーレシーバーが作られている為、本来は隠れているはずのネジが見えてしまっていたりとちょっと残念な部分が生まれてしまっています。

取り付け自体は可能ですが、ギャップが気になる方はそれ相応に手間を加えないといけないかもしれませんね。

 

 

まとめ

Punisher-1 (Honey Badger)に関してはハンドガードの交換はできるものの、色々と調整が必要になってくるのではないかというのが正直な感想です。

ものによるかと思うのですが、前後のズレに対する許容量が無いバレルナットを使用するようなハンドガードでは、ギャップがNSRとの比では無くなってしまうのではないでしょうか。

 

また、カラーがブラックであればネジなどを塗って隠すことも可能だと思うのですが、TANカラーでは色味の違いが顕著に出てしまって隠しにくいのではないかと思います。

 

個人的な見解ですが、このモデルに関しては、非常に軽量な本体を生かして純正のハンドガードを使用していくのがいいのではないでしょうか。

 

おすすめ

4件のフィードバック

  1. バレルナット外れないマン より:

    はじめまして。
    このハニーバジャーのバレルナット、どのように外しましたか?
    つるつるなので引っ掻けるところもありませんよね?

    よければ教えて下さいm(_ _)m

    • ライセ より:

      バレルナット外れないマンさん、初めまして。
      この記事を書いたのが1年前ということもあってはっきりと覚えていないのですが、私の手元にあった個体は特に道具を使わずに外せたか、ベルトレンチを使用して外したかのどちらかだったと記憶しています。
      ラバーコーティングされたベルトレンチでしたら比較的傷がつきづらいかと思います。
      それでも外せない場合は、ウォーターポンププライヤーを使ってみるといいかもしれません。
      こちらも傷がつかないようにカバーのプラ板がついているものもあるので、色々探してみることをお薦めします。

      曖昧な答えになってしまいますが、参考になれば幸いです。

  2. バレルナット外れないマン より:

    返信ありがとうございます✨

    ベルトレンチですか!そんな道具があるなんてしりませんでした。
    試してみます!

    ありがとうございます!!!

    • ライセ より:

      確実に取り外せるか断言できず申し訳ありませんが、是非お試しください。
      ベルトレンチ自体はアウターバレルやハイダーを締めたり取り外すのにも使えるかと思うので持っていて損は無いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA